信頼を得る自己紹介

作業台

ブランドデザインで小さな会社を大きなブランドに!

大阪市此花区のブランドデザイン会社

Brand Design TSUMIKI 代表の廣里隆明です。

 

今日は“信頼を得る自己紹介”というお話です。

 

先日、町の小さな本屋さんの“生き残り方”という記事を書きました。

この記事で紹介している「いわた書店」の店長さんの自己紹介に

 

“1万冊を超える本を読んで来た店長”と書かれています。

「1万冊も読んだ人なら、任せてみようかな」という気持ちになりませんか?

これが”経験の豊富な店長”となっていたら

実績が分かりづらいですよね?

実績には出来るだけ具体的な数字を入れるようにすると

お客様もイメージしやすく、信頼性もアップします。

 

デザイン一筋の廣里隆明が…ではなく

10年間、デザイン一筋でやってきた廣里隆明が…

 

地元で大人気のお店…ではなく

1日に100人のお客様が来店した…

オープン2時間で売り切れる大人気のお店…

 

など、文章の中に出来るだけ具体的な数字を入れるようにしましょう。

 

具体的であればあるほど、

その文章に説得力が生まれ

お客様にも信頼してもらいやすくなります。

 

 

関連記事

  1. 口コミを“意図的”に発生させる方法

  2. 必見!顧客ターゲットを絞る大切さ!

  3. 廣里隆明プロフィール

    “顔を見せて”お客様を安心させよう!

  4. “お客様の反応が高い”DM発送日

  5. 販促物にお店の“●●”と“●●”を載せると、お客様の反応率が…

  6. ブランドって何?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。