“お客様の反応が高い”DM発送日

ブランドデザインで小さな会社を大きなブランドに!大阪府茨木市のブランドデザイン会社Brand Design TSUMIKI 代表の廣里隆明です。

 


“お客様の反応が高い”DM発送日


 

前回の記事で「DMの発送をしてはいけない時期」というのを書きましたので、今回はその逆。理想的な配送日についてです。

【ボーナス前】

当然かもしれませんが、大きな収入が入るボーナスの時期は財布の紐も緩みやすくお客様も行動にうつしやすい時期です。ただし、ボーナスの支払日直前だと使い道などを決めてしまっている場合もありますので、ボーナスの使い道が決まっていない1ヶ月前くらいが理想と言われます。

夏だと5月中旬辺り、冬は11月頃がオススメです。

 

【給料日直後】 

これもある意味当然かもしれませんが、意識しているのとそうでないのとでは結果が全然変わってきます。

 

【1月】 

新年を迎えると「何か新しいことを始めてみよう」と心が一新した経験はありませんか?1月というのはそういった心理状態のお客様が増えるのでDMに対しての反応率も増える傾向があります。(通販業界では1月が最も高いレスポンスが得られる月とさせる)こういった心理を利用して、「○○で新しいことを始めてみませんか?」といった切り口でDMを制作すると、より反応率が上がるかもしれませんね

 

【3〜4月、9月】

通販業界で特にいいと言われているのが先に上げた1月と、3〜4月、9月です。心理的に「新しい事をはじめてみようかな…」と思いやすい季節の変わり目が特に人気のようです。

 

【誕生日や記念日】

これもお客様の情報を考慮したタイミングです。誕生日プレゼントや何らかの記念日に「どうしようかな?」と悩んでいるお客様に、DMを発送してアピールしてみましょう。普段は選択肢に入らない高価な商品でも、こういった特別な日には手を出してもらいやすいはずです。

 

 

【お客様の心理状態を推測する】

業種や商品によって”売れるタイミング”というのがあるので、それを分析して「お客様が欲しくなるタイミング」で発送するというのが
一番理想で、かつ、反応率も高いと思います。
その「欲しくなるタイミング」を分析しその時期の直前にDMを発送する。もちろん簡単なことではありませんが、日頃のお客様とのコミュニケーションや業界の消費者行動を把握出来れば決して不可能な事ではないと思います。

 

 

日頃からお客様とのコミュニケーションを積極的にはかり顧客情報を管理できている会社はこういった場面でも強いです。

顧客ノートを分析して、あなたの会社にあったベストな配送のタイミングを探してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

【人気記事一覧】

●お客様にお店の魅力を伝えてもらう方法
●チラシやウェブサイトに経営者の顔写真の載せる理由
●売り上げを上げるための5つの方法
●[ベンツに学ぶ!]お客様に○○したもらうと商品が売れる!
●新規客を常連客(リピーター)に育てる仕組みづくり
●何曜日にDMを出すと、お客様の反応が高いのか?
Brand Design TSUMIKI
Brand Design TSUMIKI

 

 

関連記事

  1. ご来光

    お客様を〈引きつける〉会社と〈引きつけない〉会社

  2. 販促物にお店の“●●”と“●●”を載せると、お客様の反応率が…

  3. 新規集客

    新規集客の方法を理解して売上を上げる

  4. 反応率が劇的に大きくなるDM

  5. リピーターを「えこひいき」して売上げがアップした会社【実例】…

  6. 売上げを上げる5つの方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。