ブログ

【実例】お店の想いをお客様に届ける方法《壁の穴》

ブランドデザインで小さな会社を大きなブランドに!大阪府茨木市のブランドデザイン会社Brand Design TSUMIKI 代表の廣里隆明です。
阪急茨木市駅の中にある【パスタ 壁の穴】。ランチに行かせていただいたんですが、販促活動が素敵でした!
料理を注文してから来るまでの時間って、結構暇だったりしますよね?そんな時間を持て余しているお客様に、お店の事をもっと知っていただくという活動を積極的にされていました。テーブルにはこれ↓
IMG_9744壁の穴
「いつまでもお客様と心を通わせていたい。壁の穴の名前の由来です」と、【壁の穴】という店名の由来や創業から今までの沿革が書かれたチラシ。これを読むだけで、全く壁の穴というお店を知らなかった人にもお店の歴史を知っていただけます。(←私が実際にそうでした)
壁の穴
他にも、「商品に満足していただけない場合は、なんなりとお近くのスタッフまでお申し付けください」と、お客様に満足していただける料理を提供する!という強い想いを書いていたり
壁の穴
【お客様とつくった壁の穴メニュー】で、今までのメニューが開発された秘話が貼られたり非常に面白いものでした。
ただ単に料理を食べていただくのと、こうしてお店の想いや歴史を伝えてから料理を食べて帰っていただくのとでは、後々のお客様の反応が変わってきます。ここまで大きなポスターじゃなくても、テーブルに置けるサイズの冊子を作って【店名の由来】や【創業の想い】、【メニュー開発秘話】といったものを載せてみるのもいいかもしれません。

料理を提供するまでの待ち時間を、お客様に【スマホを触って過ごしてもらうのか】。それとも、【お店の魅力を少しでも発信するため時間にするのか】、あなたはどちらを選びますか?

 

 

【人気記事一覧】

●お客様にお店の魅力を伝えてもらう方法
●チラシやウェブサイトに経営者の顔写真の載せる理由
●売り上げを上げるための5つの方法
●[ベンツに学ぶ!]お客様に○○したもらうと商品が売れる!
●新規客を常連客(リピーター)に育てる仕組みづくり
●何曜日にDMを出すと、お客様の反応が高いのか?
Brand Design TSUMIKI
Brand Design TSUMIKI

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

  1. 手書きメッセージ
    ブランドデザインで小さな会社を大きなブランドに。
  2. チラシの作り方
    ブランドデザインで小さな会社を大きなブランドに。
  3. ホームページ制作
    ブランドデザインで小さな会社を大きなブランドに。
  4. ブランドデザインで小さな会社を大きなブランドに!大阪府茨木市のブランドデザイン会社Brand Des...
  5. ブランドデザインで小さな会社を大きなブランドに!大阪府茨木市のブランドデザイン会社Brand Des...

Twitter

ページ上部へ戻る