お客様の77%にあなたの会社は忘れられている

ブランドデザインで小さな会社を大きなブランドに!大阪府茨木市のブランドデザイン会社【Brand Design TSUMIKI】代表の廣里隆明です。
あなたは「エビングハウスの忘却曲線」というのをご存知ですか?
「心理学者のヘルマン・エビングハウスによって導かれた、人間の脳の“忘れるしくみ”を曲線で表したもののこと」で、【人は一度覚えたことを、24時間後には74%を忘れ、一週間後には77%を忘れてしまう】というもの。

忘却曲線例えば、あたなのお店に新規のお客様が来店、または、交流会などで初めての方と名刺交換をしたとしても【一週間後には、100人のうち77人にあなた(お店)の存在は忘れられてしまう】ということです。お客様の4分の3に忘れられてしまうって、これは恐ろしいですよね。。

 

ただし、これは「何もしなければ」の話しです。お客様に来店していただいた後、しっかりとした「フォロー」をおこなっていけば【忘れられる確率】はグッと減らす事ができます。そのために必要なのが【お客様との接触回数】を増やすこと!です。

直接、お客様と会って話すことができるのが一番ですが、全てのお客様に会うのは困難です。そこで活躍するのが【お客様の記憶に残る名刺】【ホームページ】【SNS】【お礼状(サンクスカード)】【ご紹介カード】を活用した“仕組みづくり”です。

●顔写真や理念、趣味・特技などを盛り込んだ名刺で、お客様との接点を見つけ出す
●来店いただいたお客様にお礼状を出す
●FacebookやTwitterでフォロワーになっていただき、交流を続ける
●ホームページに初めて来ていただいた方には、無料のコンテンツ(小冊子など)をプレゼントして、その代わりにメールアドレスを取得する(後にメルマガなどで情報提供)

 

という風に、“その場1回きりのお客様”で終わらせてしまうのではなく、長期的にお客様との信頼関係を作っていく活動を忘れないようにしましょう!
どれだけ多くのお客様に来店していただいても、フォローする仕組みがなければお客様が増えていくことはありません。

 

 

【人気記事一覧】

●お客様にお店の魅力を伝えてもらう方法
●チラシやウェブサイトに経営者の顔写真の載せる理由
●売り上げを上げるための5つの方法
●[ベンツに学ぶ!]お客様に○○したもらうと商品が売れる!
●新規客を常連客(リピーター)に育てる仕組みづくり
●何曜日にDMを出すと、お客様の反応が高いのか?
Brand Design TSUMIKI
Brand Design TSUMIKI

 

 

関連記事

  1. 鶏炭焼らーめん専門店 田村家

    “集客できる看板”と“できない看板”の違い

  2. “きちんと伝えるだけ”で商品価値が上がる

  3. 何曜日にDMを出すのが一番効果的?

  4. お客様の反応率を上げるホームページの作り方

  5. 反応率が劇的に大きくなるDM

  6. “集客できない文章”を販促物に使っていませんか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料相談

無料相談
  1. ブランディング名刺 作り方

    2018.07.11

    普通の名刺と差別化できるブランディング名刺の作り方

  2. ホームページ

    2018.06.24

    あなたは大丈夫?集客できているホームページにある3つの特…

  3. 飲食店

    2018.05.22

    飲食店・カフェの集客・販促に必須の5つの販売促進ツール

  4. デザイン会社の選び方

    2018.03.08

    【現役の集客デザイナー直伝】集客が得意なデザイン会社と苦…

  5. 水尾福祉委員会40周年記念誌

    2017.12.12

    【制作実績】茨木市の水尾地区福祉委員会さまの40周年記念…

  1. ブランド

    ブランドの基礎:小さな会社がブランディングによって得られ…

  2. 色のイメージ

    チラシの印象を左右する色使い!色が持つイメージと効果を徹…

  3. ブランディングとは

    ブランディングの基礎を学ぶ:ブランドを構成する3つの要素…

  4. ANTIQUES

    【お客様の声】高級アパレルショップ/ANTIQUES・羽…

  5. MERCIロゴ

    【お客様の声】婦人アパレルショップ・MERCI / 羽山…