プロフィール写真を全て統一して、お客さんに覚えてもらう!

ブランドデザインで小さな会社を大きなブランドに!大阪府茨木市のブランドデザイン会社Brand Design TSUMIKI 代表の廣里隆明です。

名刺やチラシ、Facebook、ブログ、Twitterなどで使用しているあなたのプロフィール写真は全て同じ写真を使っていますか?媒体によって異なった写真を使っていると、お客様が「この人とこの人は同一人物なのかな?」と迷子になってしまいます。

 

これは私のよくある経験なんですが、名刺交換をさせていただいた後にFacebookの友達申請をお送りさせていただく時「あれ、名刺の写真とFacebookのプロフィール写真の雰囲気が違う。」「この人で合ってるかな?」と少し混乱することがよくあります。

プロフィール写真が違うだけならまだいいんですが、写真ではなくイラストが使われていたり、アイコン自体をなにもカスタムしていなかったり…

スクリーンショット 2016-03-29 20.59.06

スクリーンショット 2016-03-29 20.55.54

名刺やチラシ・HP・ブログに掲載する写真は、1つで統一しておいた方がお客様の記憶にも残りやすいですし、親切です。「私のことを知ってくれている」という前提で考えるのではなく、「初めての人がアクセスしてくれた時に、分かりやすいように」と意識しましょう。

もう一つ、プロフィールの写真を統一しておくといい理由が[ザイオンス効果]と呼ばれる効果が期待できるからです。ザイオンス効果とは…

ザイオンス効果とは、同じ人や物に接する回数が増えるほど、その対象に対して好印象を持つようになる効果のことです。 1968年に、アメリカの心理学者ロバート・ザイオンスが広めました。 また、彼の名前が「ザイアンス」と表記されることもあることから、「ザイアンス効果」と呼ばれることもあります。

というもの。同じプロフィール写真を何回も見ていただくことで、お客様から親近感を持っていただきやすくなるんですね。これ、嬉しいですよね?

 

プロフィール写真の顔がの角度が少し違ったり、笑っていなかったりするだけで第三者が受ける写真の印象は全く異なったものになります。よほどの理由が無い限り、プロフィール写真は1つで統一しておいた方がメリットは大きいですよ!

 

 

【人気記事一覧】

●お客様にお店の魅力を伝えてもらう方法
●チラシやウェブサイトに経営者の顔写真の載せる理由
●売り上げを上げるための5つの方法
●[ベンツに学ぶ!]お客様に○○してもらうと商品が売れる!
●新規客を常連客(リピーター)に育てる仕組みづくり
●何曜日にDMを出すと、お客様の反応が高いのか?
Brand Design TSUMIKI
Brand Design TSUMIKI

 

 

関連記事

  1. EOS7D

    商品写真に“ひと工夫”して売上をアップさせる!

  2. ブログ

    ブログとSNSの使い方を理解して、効率良く集客する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料相談

無料相談
  1. ブランディング名刺 作り方

    2018.07.11

    普通の名刺と差別化できるブランディング名刺の作り方

  2. ホームページ

    2018.06.24

    あなたは大丈夫?集客できているホームページにある3つの特…

  3. 飲食店

    2018.05.22

    飲食店・カフェの集客・販促に必須の5つの販売促進ツール

  4. デザイン会社の選び方

    2018.03.08

    【現役の集客デザイナー直伝】集客が得意なデザイン会社と苦…

  5. 水尾福祉委員会40周年記念誌

    2017.12.12

    【制作実績】茨木市の水尾地区福祉委員会さまの40周年記念…

  1. ブランド

    ブランドの基礎:小さな会社がブランディングによって得られ…

  2. 色のイメージ

    チラシの印象を左右する色使い!色が持つイメージと効果を徹…

  3. ブランディングとは

    ブランディングの基礎を学ぶ:ブランドを構成する3つの要素…

  4. ANTIQUES

    【お客様の声】高級アパレルショップ/ANTIQUES・羽…

  5. MERCIロゴ

    【お客様の声】婦人アパレルショップ・MERCI / 羽山…