中学生でも分かるような文章を書こう

Brand Design TSUMIKI

《ブランドづくり×デザイン》で小さな会社の経営を長期的に安定させる

大阪市此花区のブランドデザイン会社《BrandDesignTSUMIKI》代表 廣里隆明です。

知り合いの方から紹介していただいたお客様で

「自分自身の事をもっと世の中に発信していくために、

ネットで自分の番組を配信したい」

という方がいらっしゃって、

今回、その方の番組用ロゴマークを制作させていただきました。

ロゴ制作画面

打ち合わせをしていく中で

●デザインの発注は初めてなので、流れが分からない

●どのような物が仕上がるか想像がつかない

という相談を受けました。

 

今後、こういった方(小さな会社の経営者)を対象にサービスを行っていくので

こういった視点を忘れないようにする事が大切だと改めて思いました。

 

長年、同じ業界で勤務していると「色んなことが当たり前」になってしまいますが

この「当たり前」という感覚がとても危険です。

 

何の知識もない人に会社案内や業務案内、仕事内容などをみて

「?」と思わせないようにしないといけないですね。

 

●難しい言葉を使っていないか

●業界の人しか分からない言葉を使っていないか

 

ある本には「中学生が見ても分かるような内容でないとだめ」と

書かれていました。

 

一度、自社のホームページや会社案内を見直して

難しい言葉が使われていないかチェックしてみてもいいかもしれません。

 

あっ!ロゴは無事に採用していただけました!!

ありがとうございます!

 

 

 

関連記事

  1. “お客様の悩みを解決するブログ”が支持される!

  2. 「何でも出来ます」は「何も出来ない」と同じ

  3. チラシの作り方

    反応率が10倍変わる!チラシの作り方「具体的な数字を入れる」…

  4. ロゴマークを採用していただけました!

  5. 月刊アドセレクト

    有名デザイン雑紙に作品が掲載されました!

  6. 会社と空

    中小企業が今、ブランドデザインを求めている

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。