価格競争の先にあるのは…

《ブランドづくり×デザイン》で小さな会社の経営を長期的に安定させる

大阪市此花区のブランドデザイナー廣里隆明です。

前回「そろそろ「値下げ」止めませんか」という記事を書きましたが、
どうして値下げがダメなのか。

大きな会社と小さな会社の違いに「資金力」があります。

価格競争で勝負出来るのは豊富な資金力を持つ大きな会社です。
大きな会社は大量生産・海外生産や独自の流通システムを構築することで
生産コストを抑える事ができるので、値段を安くしても利益を出し続ける事ができます。

小さな会社が同じ事をしようと思っても不可能です。

例えば「お客様の数が減ってきたので値下げしてお客様を集めよう」とします。

値下げする事でお客様の数が増えるかもしれませんが、
そのお客様は「他店よりも安いから」あなたのお店に来てくれたお客様です。

つまり値段に魅力を感じたお客様です。

ライバル店がさらに安い料金設定をすれば、
価格につられてお店にやってきたお客様はあっという間にライバル店へと離れていってしまいます。

お客様を取り戻す為にさらに安く→ライバル店もさらに安く…

これを繰り返していくとどうなるか…書くまでもありませんよね。

安易に価格を下げるという事は
「私の会社の魅力は他社より料金が安い事です。それ以外に魅力がありません。」と
言っているようなものです。

小さな会社は一刻も早く価格競争を抜け出さなければなりません。

小さな会社は価格競争で勝負する事は避けなければいけません。

 

あなたの会社の「ブランド力」が、

この価格競争を回避できるかどうかの大きな鍵を握っています。

関連記事

  1. あなたの会社の〈強み〉を15秒で説明できますか?

  2. ブランディングとは

    ブランディングの基礎を学ぶ:ブランドを構成する3つの要素とは…

  3. ブランドって何?

  4. デザイン会社とブランドデザイン会社の違い

  5. そろそろ「値下げ」止めませんか?

  6. 伝わらないものには価値が無い!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。