大切なのは「新規客の数」ではなく「リピーターの数」

「ブランドづくり×デザイン」で小さな会社の経営を長期的に安定させる。
大阪市此花区のブランドデザイナー廣里隆明です。

ブランド力のある企業とブランド力の無い企業の差はいったい何でしょうか?

ずばり「リピーターの数」だと私は思います。

チラシやHPで集客をしてたくさんお客様を集めても、
リピーターとして継続してお店のモノやサービスを利用していただかないと安定した収益は見込めません。

リピーターが少ないという事は
「何かお客様を満足させられないマイナスの要因が会社に存在している」と考えるべきです。

・扱うモノやサービスの質が低い
・接客態度
・店内の雰囲気
・アフターフォローの有無
・リピーターにつなげる仕組みがない…

問題がどこにあるかはっきりさせないと、どれだけお金をかけて集客してもリピーターの獲得には結びつきません。

ザルに水を貯めるようなものです。

原因をしっかりと分析し対処した上で、
「新規客をリピーターにステップアップさせる仕組みづくり」を行いましょう。

 

 

関連記事

  1. 必見!顧客ターゲットを絞る大切さ!

  2. DMであなたの熱い想いをお客様に届ける

  3. お客様の反応率を上げるホームページの作り方

  4. ご来光

    「スグ」にお客様に購入される商品

  5. DMを発送してはいけない時期

  6. 新規客を常連客に育てる“仕組みづくり”

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。