30の記事を書いてからブログを宣伝しよう

パソコン画面

《ブランドづくり×デザイン》で小さな会社の経営を長期的に安定させる

Brand Design TSUMIKI 代表 ブランドデザイナーの廣里隆明です。

 

暑い!とにかく暑いですね!!

大阪は最高気温34度。

さっき銀行に行くために外出したのですが

溶けてしまいそうです。。。

 

今日は《30の記事を書いてからブログを宣伝しよう》というお話し。

 

無料で始める事ができて、

会社のファンを増やす・商品・サービスの魅力をアピールするなど

使い方によってはとても協力な営業ツールになる《ブログ》。

 

中途半端なホームページを作るくらいなら、

ブログ一本に絞ってしっかりと戦略を練って運営したほうが

集客効果があるように思います。

ブログ画面

ブログを始めるとスグに色んな人に宣伝したくなる人も

多いと思いますが、ちょっとストップ!

せっかく「ブログを始めました」といって色んな人に宣伝して来てもらっても、

 

肝心のブログの記事が少なくては、

読者登録やお気に入りに登録してもらうことは難しいです。

5〜6個の記事しか無かった場合、

一瞬で読み終わってスグにあなたのブログを離れてしまうので

それを引き止める対策をしなくてはいけません。

 

ここで1つの目安となるのが《30》という記事の数。


初めてあなたのブログに来た人に対し

「記事がたくさんある!」「少しずつ読んでいこう」と思っていただき、

読者登録やお気に入りの登録などの行動をとってもらうために

 

最低限必要な記事数が《30記事》と言われています。

 

ブログをはじめるとスグに宣伝したくなる気持ちも分かりますが

まずはブログの内容を充実させて、見に来てくれた方に対して

「もっと色々と読んでもらいたい!」と思っていただけるようにしましょう。




関連記事

  1. 【実例】お店の想いをお客様に届ける方法《壁の穴》

  2. “集客できない文章”を販促物に使っていませんか?

  3. YouTubeロゴ

    無料でできて効果抜群! 小さな会社の《YouTube》集客

  4. ネットの世界で“売れる”もの、“売れない”もの

  5. 作業台

    信頼を得る自己紹介

  6. 【実例】患者様の“未来”を想像させる集客!こいずみ鍼灸整骨院…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。