サンクスレターは何日以内に発送するのがベスト?リピート客の獲得につなげる方法

Brand Design TSUMIKI

集客ブランディングで小さな会社をブランドに変える。
大阪府茨木市の集客ブランディング会社Brand Design TSUMIKI 代表の廣里隆明です。

あなたの会社の商品・サービスを利用して感動したお客様も、時間が経つにつれてどんどんその感動を忘れていきます。ですので、忘れられる前に再び思い出してもらい、また利用していただけるような仕組みを作らなければいけません。

この思い出してもらうために非常に効果的なのがサンクスレター(サンキューレター)です。お客様にお礼を伝えるためのツールです。

サンクスレターは3日以内に発送

初めて名刺交換や商品購入・サービスをご利用していただいた日にから3日以内にサンクスレター(お礼のための手紙)を出しましょう。このタイミングで出すことでお客様はあなたの会社のことを思い出し、より忘れにくくなります。

稀に電話でお礼を伝える方もいらっしゃいますが、忙しくされているお客様だと迷惑になってしまう場合があります。サンクスレターだと時間に余裕があるときにしっかりと呼んでいただくことができるので、出す側としてもやりやすいでしょう。

初対面のタイミングから一週間以上時間が経ってしまうと、お客様の記憶から薄れてしまっている可能性が高くなるので、出来る限り早い段階でサンクスレターは発送するようにしましょう。理想は3日以内です。

実際に私が使っていたサンクスレターがこちらになります↓

サンクスレター

サンクスレター

非常に簡易的なものですが、感謝の気持ちを伝えるのには充分だと思っています。

このサンクスレターにもいくつか制作のポイントがあり

  • 顔写真を必ずいれる
  • プライベートな出来事を入れる
  • 出来るだけ手書き

を意識するようにしています。

顔写真は一度お会いした方に確実に思い出していただくために必須です。あるのと無いのとでは、効果が全く違います。

プライベートな情報は、お客様に「こんな一面もあるんだ」と知っていただくためです。ビジネスな部分だけでなく、このようなパーソナルな情報を出した方が反応も高くなりますし、個性が出せるのでオススメです。

私はプライベートな情報として「家庭菜園を始めました」と書いています(笑)これも実際にサンクスレターを受け取った方から「家庭菜園とか面白そうですね!」「野菜大きくなりましたか?」などの反応をいただきました。

大切なのは商品やサービスの売込みを絶対にしない!ということです。

このサンクスレターも一度ではなく、3週間後、3ヶ月後と定期的に出すように心がければ反応率もよくなります。というのも、私たちの脳は3のタイミングで忘れていくからです。

3日後、3週間後、3ヶ月後と時間が経つごとに記憶が薄れていき、半年を超えてしまうと再び商品やサービスを利用していただくことはほとんどありません。

いつまでサンクスレターを出すべきか悩みますが、私は目安として3ヶ月と考えています。

3日後、3週間後、3ヶ月後と合計3回サンクスレター(またはニュースレターでも可)を出して、お客様から何の反応もなければきっぱり諦めましょう。

関連記事

  1. チラシの作り方

    反応率が10倍変わる!チラシの作り方「具体的な数字を入れる」…

  2. 【実例】「年商12億」を超える小さな家電量販店

  3. EOS7D

    商品写真に“ひと工夫”して売上をアップさせる!

  4. Brand Design TSUMIKI

    小さな会社の売上げを上げる【5つの方法】

  5. アンケート用紙

    アンケート用紙の回収率をあげる方法

  6. 【実例】行列ができる“しかけ”をつくる《PABLO》

小規模事業者持続化補助金 制作・申請サポート

3日に一件お問い合わせがくるHP制作

  1. 2023.01.20

    【2023年】大阪でホームページ制作に使える補助金一覧!…

  2. 2023.01.17

    2023年(令和5年)も持続化補助金の実施が決定!公募ス…

  3. 2022.11.25

    【採択率64%】小規模事業者持続化補助金[第9回締切分]…

  4. 2022.08.31

    【採択率63%】小規模事業者持続化補助金[第8回締切分]…

  5. 2022.06.14

    【補助金】【助成金】【給付金】の違い。制度の目的や給付対…

  1. 【2023年】大阪でホームページ制作に使える補助金一覧!…

  2. [最大100万円]持続化補助金 低感染リスク型ビジネス枠…

  3. 飲食店・カフェ編|持続化補助金「低感染リスク型ビジネス枠…

  4. 持続化補助金「低感染リスク型ビジネス枠」の採択率がアップ…

  5. 【2021年版】広告費を最大100万円補助!小規模事業者…

  1. [最大1,000万円]酒類事業者限定の日本産酒類海外展開…

  2. [最大500万円補助]酒類事業者限定の新市場開拓支援事業…

  3. ネットショップ作成費用(最大20万円)が補助!茨木市EC…

  4. 法人設立などの費用が補助される茨木市の「創業促進事業」活…

  5. 【最大250万円】事業復活支援金(持続化給付金 第二弾)…

  1. 【2023年】大阪でホームページ制作に使える補助金一覧!…

  2. [最大100万円]持続化補助金 低感染リスク型ビジネス枠…

  3. 飲食店・カフェ編|持続化補助金「低感染リスク型ビジネス枠…

  4. 持続化補助金「低感染リスク型ビジネス枠」の採択率がアップ…

  5. 【2021年版】広告費を最大100万円補助!小規模事業者…