”名前”を変えるだけで売上げが増える

ブランドデザインで小さな会社を大きなブランドに!
大阪府茨木市のブランドデザイン会社
Brand Design TSUMIKI 代表の廣里隆明です。


”名前”を変えるだけで売上げが増える


レナウンというブランドの「フレッシュライフ」という
商品をご存知でしょうか?

1981年に発売された紳士用の抗菌防臭靴下です。
初年度の売上げは3億円でしたが、その後は減少の一途。

「このままではダメだ」ということで、
起死回生を狙って1987年に商品名を「通勤快足」に変えて売り出したところ、
年間の売上げが13億円に回復。
さらに2年後には45億円!という大ヒット商品になりました。

 

「フレッシュライフ」→「通勤快足」
名前を変えただけで、売上げが15倍になったわけです。

 

これ、凄く無いですか?

 

ネーミングを変えることで

●インパクトがある
●商品の内容がわかりやすい

といったプラスのイメージをお客様にあたえることが出来たと
分析されていました。

061101

他にも、伊藤園が発売した「缶煎茶」という商品。
少し堅苦しいイメージですね。
今、「お〜い、お茶」という商品で発売されています。

 

「豆ダッシュ」→「チョロQ」
(「チョロチョロ走るキュートなクルマ」の意味)

 

BOSS

サントリー「WEST」→「BOSS」
(あのBOSSが最初は「WEST」って呼ばれてたなんて
知りませんでした!面白いですね〜)

 

nepia「モイスチャーティシュ」→「鼻セレブ」 
(箱のデザインとネーミングを変えると売上げが4倍近くに)

 

このように、名前を変えるだけで売上げが上がった商品が
世の中にはたくさんあります。

 

大切なのは「分かりやすさ」。

 

商品名を聞いただけで「どんな商品か」お客様がイメージできるのが
一番の理想です。

「ごきぶりホイホイ」や「甘栗むいちゃいました」
「カビキラー」「冷えピタ」「消臭力」「におわなっとう」…

これらの商品はとてもネーミングが上手ですね!

 

あなたの会社の商品に、お客様がイメージしにくい
名前はありませんか?
イメージしやすい名前に変えることで大ヒットになる商品が
眠っているかも知れません。

 

もう一度言います。
大切なのは「分かりやすさ」です。

 

これを第一に考えて、一度自社の商品の名前を
見直してみてはいかがでしょうか?

 

 

【人気記事一覧】

●お客様にお店の魅力を伝えてもらう方法
●チラシやウェブサイトに経営者の顔写真の載せる理由
●売り上げを上げるための5つの方法
●[ベンツに学ぶ!]お客様に○○したもらうと商品が売れる!
●新規客を常連客(リピーター)に育てる仕組みづくり
●何曜日にDMを出すと、お客様の反応が高いのか?
Brand Design TSUMIKI
Brand Design TSUMIKI

 

 
===========================

廣里隆明の活動を日々、発信中!

(フォローしていただけると、とても喜びます)

Twitter : https://twitter.com/hirosa_to

Facebook :http://on.fb.me/1lIEvlg

===========================

 

 

 

関連記事

  1. チラシやHPに顔写真を載せた方がいい理由

  2. 【実例】行列ができる“しかけ”をつくる《PABLO》

  3. coffee

    売れるモノ・売り方が変わっただけ

  4. ネットの世界で“売れる”もの、“売れない”もの

  5. 大切なのは「新規客の数」ではなく「リピーターの数」

  6. “少年ジャンプ”人気漫画と読者アンケートの関係

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。