【実例】「年商12億」を超える小さな家電量販店

日本橋

ブランドデザインで小さな会社を大きなブランドに!

大阪府茨木市のブランドデザイン会社

Brand Design TSUMIKI 代表の廣里隆明です。

 

先日、仕事の打ち合わせ&新商品に使うパーツを探しに

日本橋に行ってきました。

色んなお店があって楽しいですねー!

 

普段行かないようなお店をお客さんに案内していただいて

貴重な経験ができました。

日本橋

「年商12億」を超える小さな家電量販店

大型の家電量販店が色んな所に進出している中、

町の小さな家電量販店が「年商12億」を超えるって凄いですよね。

もちろん特別な商品を扱っている訳ではありません。

 

この会社が一般的な町の家電量販店と違うのは

サービスで徹底的に他社と差別化していること、です。

 

  • 常連のお客様には、代わりに重たい水を買って家に届ける

  • 「家の鍵が無くなった」と連絡があれば、一緒に探す

  • 家を長期間空ける時は、代わりに従業員が留守番する…など

 

そして、これらの全てのサービスが無料!

 

こうしたサービスを続けた結果、

「お店の従業員ではなく、息子のよう」と言われるほど、

従業員とお客様の間に強い信頼関係が築かれています。

 

こういったサービスを利用しているお客様は

新しく家電製品が欲しくなった時は、このお店から商品を買いますよね?

 

これが、この小さな家電量販店が年商12億を売り上げる秘密です。

 

上記のサービスは直接的にはお店の売上げには繋がりませんが

お客様と「強い信頼関係」を築くことで、長期的にお店の商品を

購入していただけるリピーターを育てて行くことができます。

 

大型の家電量販店では実現が難しいサービスなので

万が一、商圏内に大型店舗が進出してきても

スグにお客様を奪われるということはありません。

 

これが、「地域密着型」の強みです。

小さな会社は、大型店のように不特定多数の

お客様を取り込もうとするのではなく

限られたお客様と強い信頼関係を築くことを

目標にしてみてはいかがでしょうか?

 

 

【人気記事一覧】

●お客様にお店の魅力を伝えてもらう方法
●チラシやウェブサイトに経営者の顔写真の載せる理由
●売り上げを上げるための5つの方法
●[ベンツに学ぶ!]お客様に○○したもらうと商品が売れる!
●新規客を常連客(リピーター)に育てる仕組みづくり
●何曜日にDMを出すと、お客様の反応が高いのか?
Brand Design TSUMIKI
Brand Design TSUMIKI

 

 

関連記事

  1. お店のFacebookページに「いいね」を増やす方法

  2. 【実例】行列ができる“しかけ”をつくる《PABLO》

  3. パソコン画面

    30の記事を書いてからブログを宣伝しよう

  4. YouTubeロゴ

    無料でできて効果抜群! 小さな会社の《YouTube》集客

  5. お客様に忘れられないために●●をする

  6. お問い合わせが増える電話番号の載せ方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。