“少年ジャンプ”人気漫画と読者アンケートの関係

ブランドデザインで小さな会社を大きなブランドに!大阪府茨木市のブランドデザイン会社【Brand Design TSUMIKI】代表の廣里隆明です。

 

ほとんどの男性が読んだことあるんじゃないでしょうか、少年ジャンプ!最近は読む事はなくなりましたが、ドラゴンボールを筆頭に少年ジャンプにはワクワクドキドキさせていただいてました。今日は【少年ジャンプ】から販促のヒントを学びます!
hyoshi
ある番組で、少年ジャンプの元編集者である【鳥嶋和彦】さんの特集がされてたんですが、その中で鳥島さんは【少年ジャンプの歴史を支えたのは“読者アンケート”】だとおっしゃっていました。
anketo
ジャンプには必ず付いている読者アンケート。面白いのが《編集部が面白いと思っている漫画と、実際にアンケートから返ってくる漫画が正反対》だったそうです。それくらい編集部と読者との漫画に対する認識が違っていて、この読者アンケートがなければ数々の人気漫画は誕生していなかったかもしれません。

hyosi
少年ジャンプに限らず、世の中の会社ではこのような事がよく起こります。《自分たちでは魅力的だと思っていた商品やサービスが、お客様にとってはそれほど魅力的ではなかった》と。このようなミスは企業にとっては致命的ですよね?こうした致命的な間違いを犯さないように、実際のお客様にアンケートをとり自社の魅力や強みをしっかりと認識することが大切です。
ANTIQUESアンケート
Brand Design TSUMIKIでもお仕事をさせていただいたお客様からは必ずこのようなアンケートを記入いていただき、サービスの向上に努めるようにしています。

 

余談ですが、少年ジャンプは40年以上も前から読者アンケートのシステムを導入していたそうです。(こちらが40年前の読者アンケート)
anketto
あなたの会社でも、“お客様の声”を集めてサービスの向上に役立ててみてはいかがでしょうか?

 

 

【人気記事一覧】

●お客様にお店の魅力を伝えてもらう方法
●チラシやウェブサイトに経営者の顔写真の載せる理由
●売り上げを上げるための5つの方法
●[ベンツに学ぶ!]お客様に○○したもらうと商品が売れる!
●新規客を常連客(リピーター)に育てる仕組みづくり
●何曜日にDMを出すと、お客様の反応が高いのか?
Brand Design TSUMIKI
Brand Design TSUMIKI

 

 

関連記事

  1. 必見!顧客ターゲットを絞る大切さ!

  2. 販促物にお店の“●●”と“●●”を載せると、お客様の反応率が…

  3. パソコン画面

    30の記事を書いてからブログを宣伝しよう

  4. ご来光

    お客様を〈引きつける〉会社と〈引きつけない〉会社

  5. お客様の77%にあなたの会社は忘れられている

  6. お客様に忘れられないために●●をする

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。