販促物にお店の“●●”と“●●”を載せると、お客様の反応率が上がる

ブランドデザインで小さな会社を大きなブランドに!大阪府茨木市のブランドデザイン会社Brand Design TSUMIKI 代表の廣里隆明です。

あなたが使用している会社の販促物(チラシ・ホームページ・DMなど)に、“お客様を安心させる工夫”をしていますか?
それは、【お店の“外観”と“内観”の写真】です。
226519a67e052d14102dfe1db8011a90_m
000588cca3b7383b52e318b620c605b0_m
初めて来店するお客様にとって「どういう場所なのか?」「どんな雰囲気なのか?」という心理的なハードルはとても高いものです。
路面店でガラス越しに店内が見えるようであればお客様はある程度お店の雰囲気を感じることができます。

しかし、ビルの2階やマンションの一室などに店舗を構えている場合は、お客様は店内に入るまで先ほどの不安を抱き続けることになります。多くの人はこの段階で「他のお店に行く」となり、せっかくあなたのお店に興味を持ってくれたお客様が離れていってしまいます。

fffb4a77ccea6fd5c791d8078ae80417_m
写真1枚があるだけで、お客様は「こういう雰囲気のお店なんだ」「ここなら安心して入れそう」と、心理的なハードルを下げる事ができます。文字だけではこの安心感をあたえることは出来ません。

チラシ、ホームページ、DMといった初めてのお客様が触れる可能性が高い販促物には【外観】【内観】【サービスの写真】を積極的に使用し、「こういう雰囲気のお店だったら行って見ようかな」と【安心感】をあたえる事を意識しましょう。

 

 

【人気記事一覧】

●お客様にお店の魅力を伝えてもらう方法
●チラシやウェブサイトに経営者の顔写真の載せる理由
●売り上げを上げるための5つの方法
●[ベンツに学ぶ!]お客様に○○したもらうと商品が売れる!
●新規客を常連客(リピーター)に育てる仕組みづくり
●何曜日にDMを出すと、お客様の反応が高いのか?
Brand Design TSUMIKI
Brand Design TSUMIKI

 

 

関連記事

  1. 口コミを“意図的”に発生させる方法

  2. 大切なのは「新規客の数」ではなく「リピーターの数」

  3. お客様に忘れられないために●●をする

  4. サンクスカードをいただきました

  5. coffee

    売れるモノ・売り方が変わっただけ

  6. 茨木で2番の味

    【実例】一瞬でお客様を呼び込むラーメン屋さんの張り紙《孝来さ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。